「観始めたらやめられない…」。

面白い海外ドラマと出会ってしまうと、1話を見終わったら、そのまま次のエピソード、また見終われば次のエピソード、とエンドレスタイムに入ってしまう。

そんなハマってしまう海外ドラマの一つが「ブレイキング・バッド(Breaking Bad)」。アメリカでは2008年から2013年まで放送され、サスペンスとブラック・コメディの要素が入った海外ドラマです。

高校の化学教師をしているウォルター・ホワイト。50歳の中年男が家族を養うためドラッグの製造でお金を手に入れ、一方でどんどんドラッグ商売の深みにはまっていく、というストーリー。

この記事を読んでいる方の中には、既にファンの方もいるのでは。

顔にもしっかりとしわが刻まれ、お腹も出ている中年男が、裸にパンツ一枚でキャンピングカーの中でドラッグを製造するシーンは、笑いが止まらない。けれど、家族を必死に守ろうとする男らしい姿もあり、視聴者もどんどんはまっていくドラマなのです。

そんな「ブレイキング・バッド」のiPhoneケースをご紹介します。



コミックな印象にデフォルメされたウォルター・ホワイト。しっかりと試験管を握っています。



11種類がCasetifyにて販売されていて、中にはウッド調の素材の上に描かれた似顔絵などもあり、どれを選ぶのかはあなた次第です。

Breaking Bad iPhone CaseCasetify
BREAKING BAD IPHONE CASES [The Coolector]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense