上の写真、いったいなん言葉が並んでいるのでしょう。

「僕が人生で会ったなかで、君が一番美しい」

「お願いだから、最後のチャンスをちょうだい」

「これまでは言うのが難しかったけど、やっぱり君を愛してる」

「私のせいじゃないってば!」

なんだか、大声じゃ言えないようなセリフばかり並んでいます。

実はこれ、スタンプなのです。Dominic WIllcoxによる、その名もHonesty Stampsというシリーズ。



Dominic Wilcoxは、日常生活のテリトリーの中でのデザインを主とするアーティスト。彼の作品には、面白いものがたくさんありますが、このスタンプ、まさに日本人にピッタリじゃないですか?




アメリカの映画では、こんなセリフをよく聞くような。

日本人は、愛をささやくのも、潔白を証明するのも苦手。 身に覚えのない上司からのお叱りには、せめて「It wasn’t my fault!」を押した紙を差し出す勇気ぐらい欲しいかも?

お買い求めは、コチラから欲しい言葉を選んでどうぞ。

Honesty Stamps [Dominic Wilcox]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense