乾電池って、いろんなサイズが合ってややこしいですよね。

よく使うのは単3形電池だけど、単4形も他のも全く使わないわけじゃない。しかも、使うときに限って手元にないことが多かったり。

でもKim Tae Heonさんが考えた新しい乾電池のコンセプト「Fit In Battery」なら、サイズで悩む必要はなくなるかもしれません。



Fit In Batteryは1本で単3形や単4形などのサイズに対応する、伸縮型の乾電池。

違うサイズにあてはめる、乾電池用スペーサーが売っているのは知っていたけれど、そのものが伸び縮みするなんて考えたこともなかったなあ。



伸び縮みするぶんだけ、やはりパワーは少し弱かったりするのかな。それでも必要なときに必要な大きさの電池がない、と作業の出鼻をくじかれることは少なくなりそうです。

最近はなにかとUSBで充電することが多く、乾電池を使う機会も少なくなりました。けれど、災害などが起きた時のため、やはりいくつかは常備しておきたいもの。1本で数種類に対応できれば、普段の収納に場所も取らなくて済みますね。

充電して繰り返し使えるようになったら、さらに素敵。このアイデア、ぜひ実現して欲しいです!

Expanding Power[YANKO DESIGN]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense