SHARE


Gregory Projectの一環で作られた、ホームレスの方のためのお家。どこにあるか、分かりますか?




そう、答えはこの看板の裏側。というより、この看板を含む建物そのものが、家になっているんです。このように広告のスペースを効率的に利用することで、建てる側のコストも最小限で済むそうですよ。

内装は以下のよう。まだ新しいこともありますが、ちょっとしたデザイナーズマンションみたいでかっこいいなぁ。




一番右の階段は、おそらく外からの入り口。




角や壁際を有効活用して、空間作りがなされています。それほど狭さを感じさせられませんね。




電気は、看板を照らしている光から生み出しているんだとか。非営利の建築物だから、利用自体にお金が掛かることもなさそうです。

自慢したくなるようなホームレスの方のお家の詳しい間取りはこちらから見ることができます。いろんな工夫がたくさん詰まった空間の使い方は、今度の模様替えで参考に出来る部分もあるかもしれませんね。

GREGORY AD SOLUTION

Billboard Houses For Homeless[fubiz]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense