SHARE


ここは、南仏の小さな街Antives

気合いが入った「ガーデニング」を見かけることはほとんどありませんが、街の至るところで植物たちに出会います。




アロエの生垣。



日差しが強く、乾燥しているので、多肉植物にも適した環境です。



案内板も植物に埋もれています。



何気ないペチュニアの寄せ植え。湿気がないせいか、色も鮮やかです。



水色のキレイなお花、プルンバーゴや、ブーゲンビリア、アガベなどの植物たちに囲まれている(というか埋もれている)住宅。



こちらはツルハナナス。2階の窓まで元気に伸びているのですが・・・



根元は、こんなに狭い。



続いて、プルンバーゴですが・・・



これもまた小さい根元。小さい苗から、何年もかけて育っていった証ですね。




パッションフルーツやブドウなどの果樹類も、とても自然な感じです。



日本であれば、切られていてもおかしくないほど生長しているキョウチクトウ。

お世辞にも、キレイに手入れがされているとは言い難いですが、その分、自然と「共存」している感じが、ひしひしと伝わってきます。

これらの植物が無くなってしまったら、街の風景も全然違ったものになるのでしょうね。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense