SHARE


6/25に創刊されたタブレットマガジン”The Nordic Courier”。

その名の通り、北欧のライフスタイルをガイドして発信する雑誌なのですが、従来のそれと決定的に違うのは、「現地で」編集・制作を行っている点。

「北欧を愛する」日本人による日本人のための雑誌ではなく、現地のエディターさんが、旬な現地事情を届けてくれる情報便なのです!



トップページから機能美とミニマルなデザインに魅せられますね。



こちらは、”ON THE TABLE”という章の1ページです。4人のクリエイターを対象に、作業台(TABLE)の上をズームイン。

手仕事が感じられる道具はどれ一つとっても、職人の愛とこだわりが溢れ出ていて、拡大して(タブレットならでは!)隅々までじっくりと見入ってしまいます。



食から建築まで、日本では馴染みのないものを数多く発見できる充実した内容です。

そして、トピックそのものだけではなく、それを作った「人」自身にフォーカスして書かれた文章も多く、読んでいてとても暖かい気持ちになれるんです。



内容はもちろんなのですが、The Nordic Courierのもう一つの魅力は、タブレットマガジンとしての可能性を感じる点にあります。

「紙の雑誌のpdf版」+「少しリンク飛べるかな」といった従来の電子書籍とは異なり、「タブレットだからこそ」できる仕掛けが随所に散りばめられています。



隠れた扉を探すように、アクションを見つけてスクロールする読み方が楽しい!

そんなインタラクティブでユーザーフレンドリーな仕掛けのおかげで、アナログな紙媒体とは対極にありながらも、紙をめくって読み進めていくようなワクワク感を味わえます。

創刊号は特別価格の700円(通常価格:1200円、年6回発行予定)ですが、購入を迷っている方や、タブレットを持っていなくて読めないという方も大丈夫。

伊勢丹新宿店のPOP UPストア(~7/15)に足を運べば、新時代のタブレットマガジンを体験できますよ。



POP UPストアではマガジンの体験と同時に、北欧の素敵なプロダクトも楽しむことができます。

老舗ブランドのヴィンテージから、若手デザイナーの注目アイテムまで盛りだくさん! 個人的には、liebe shop(デンマーク)の陶器が気になります。



巨匠デザイナーArne Jacobsen(アルネ・ヤコブセン)のタイポグラフィーがモチーフのDESIGN LETTERSのテーブルウェアは、一式揃えたくなります。



メイド・イン・北欧のデザインを使いながら、The Nordic Courierでお勉強したら、北欧がもっと好きになりそうですね。


ノルディック・クーリエ@伊勢丹新宿店
期間:〜7/15(火)
場所:伊勢丹新宿店本館5F=センターパーク
The Nordic Courier

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense