梅雨といえば、アジサイ

アジサイを観たくて、箱根に行ってきました。

箱根までは車で行き、駐車場に車を停めて箱根登山電車に乗ります。登山電車は別名「あじさい電車」といわれ、今の時期は線路沿いにアジサイの花がたくさん咲いています。

車内からも十分楽しめるのですが、ちょっと気になったスポットがあったので、「大平台駅」で下車してみました。



線路沿いを歩いていくと、両側が色とりどりのアジサイに囲まれた、ステキな場所を発見。電車の中からでは分からなかったので、ちょっと得した気分です。車も入って来られない細い道なので、静かにゆっくりとアジサイ鑑賞を楽しめます。



踏切を渡って散策してみると、緑に囲まれた民家に遭遇しました。自然に生長している草木が、作られた庭とはまた違った雰囲気を醸し出しています。ロメールの映画に出てきそうな風景ですね。





足元には白くてカワイイ、ドクダミの花を見かけました。



さらに細道を奥に行って…




しばらく行くと、広場に出ました。夏になると盆踊り大会でも開かれるのだろうなーと、妄想してしまいます。

次の駅まで歩いて行こうかと思い地元の方に聞いてみたところ、20分以上かかるとのことなので、大平台駅に戻って再び電車に乗ることに。



箱根登山電車は日本で一番の急こう配を登る電車なので、3回のスイッチバックを経て山を登っていきます。

単線なので、スイッチバックの箇所では反対車線の電車が到着するのを待ってから発車します。大平台駅はスイッチバックを兼ねた駅なので、箱根湯本行き、強羅行きの両方が停車している風景を見ることができます。またまた得した気分です。




アジサイ鑑賞&温泉を楽しみたいと思って来た箱根ですが、こんなステキな場所にたくさん出会うことができました。



J’adore 箱根!

箱根登山鉄道

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense