SHARE


彼らの活動が本格化している今日この頃。

彼らとは…この時期から夏、秋、最近では冬の始まり頃まで、私たちの血を吸い、かゆみを与えるのことです。日本では昔から、蚊を寄せ付けないよう、古くは蚊遣り火と呼ばれた「蚊取り線香」が使われてきました。

今回はその日本の伝統と新しさが融合した「アイアン蚊遣り」をご紹介します。

バッグの形、ガーデンアイテムのようなフェンスの形、ネイティブデザイン、たき火のようなデザイン、森の木々のデザインなど、おうちの中はもちろん、お庭や玄関にインテリアとして飾っておいてもいいですね。

『BAG』

『CAMP FIRE』

『FOREST』

『CAT』

『NATIVE』

『TEE PEE』

『LEAF』

『FENCE』


和とモダンのテイストをライフスタイルに取り入れたい。それならぜひ、この蚊遣りを。

電気蚊取りも普及していますが、日本の夏の風物詩として、あの香りと煙がゆるやかに立ち上る風情を残していきたいものですね。

ひぐらしの声を聞きながら。蚊取り線香の香りを感じながら。行き過ぎる季節を楽しめたらいいのに。

アイアン蚊遣り [AK mall]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense