SHARE


ロボットのおさかなさんがね。

こちらはデザイナーのChan Yeop Jeongさんが考えた、ちょっと新しい洗濯機のコンセプト「Pecera」。観光地などでよく見かける、足の角質を食べてくれるという「ドクターフィッシュ」を応用したもので、2014 Electrolux Design Labの作品として公開されています。




Peceraはこのボールのような洗濯槽のなかにお洗濯物を入れると、ドクターフィッシュロボットの「Dofi」が汚れを取り除いてくれるというもの。

以下でDofiのちょっと詳しい仕組みを見てみましょう。




まずDofiは先端部分のカメラで汚れを認識したら、口元の部分から衣類の汚れを吸い取ってくれます。掃除機みたいな感じかな? そして汚れを食べ続けると体が大きくなるので、それでお洗濯の状況を確認することができるということなんですね。

ちなみにDofiそのものは水力発電によって動いているから、お水の中にいるだけでエネルギーを蓄えてくれるそうですよ。お洗濯にも洗剤を必要としないとのことなので、とても経済的。




汚れを食べるプロセスが終わると、お水がすべて外側の層に移動して今度は乾燥機に変身。中央でお洗濯物を回転させて乾かしてくれます。このとき、外側ではDofiがお水の中の汚れを食べて綺麗にしてくれて、それが次のお洗濯に使われることになるのですね。

節水にもつながり、地球にもお財布にも優しい、いいことづくめのPecera。う~ん、これはすごいアイデアかもしれない!

Doctor Fish For Clothes[YANKO DESIGN]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense