週末のオトナの楽しみのひとつといえばビール。休日の余韻にひたれるほどよい苦味と香り、そしてアルコール。そんなビールにもいろんな種類があります。さらにそのビールを美味しくしてくれるのは肴。肴と言っても食べ物だけじゃなくて、場所の雰囲気や、友人との語らいなどいろいろ。

ということで週末の夜は雰囲気のある倉庫で、スクリーン上映される映画を見ながら、味わいあるクラフトビールなどいかがでしょうか。




ここは東京の月島にある倉庫系レンタルスペースTEMPORARY COMTEMPORARYここでゆっくりクラフトビールを飲みながら映画をたしなむイベントが開催されます。その名もSlow Beer Cinema

Slow Beer cinemaに合わせてセレクトされたクラフトビールは3種類

1杯目は「物語のはじまり」

2杯目は「映画との共鳴」

3杯目は「1週間の締めくくり」




今回セレクトされた映画はフィンランド人のアキ・カウリスマキ監督の『レニングラード・カウボーイ ゴー・アメリカ』。日本では1990年に劇場公開されています。

どんな映画のストーリーかというと、

極寒のツンドラ地帯で活動する、恐ろしく長いリーゼント、サングラス、つま先の尖ったブーツでキメた「売れないバンド」レニングラード・カウボーイズ彼らはプローモーターの勧めで仕事を求め、屋外で凍死したメンバーを棺桶ごと引き連れて、一路NYへ向かう…
引用:SLOW BEER Cinema 映画の紹介

このアキ・カウリスマキ監督の映画は、独特の構図と映像美、カテゴライズされないワールドワイドな音楽の選曲、そして全体的に暗い雰囲気だけどコメディ要素がふんだんに盛り込まれているのが特徴。週末のゆったりとした時間とビールを楽しむにはもってこいの映画です。

そして映画セレクトは「キノ・イグルー」にて。キノ・イグルーといえば独特の映画のチョイスで野外映画上映にひっぱりだこの移動式映画館です。




日時と場所は

2014年7月6日(日)
第一部 13:00開始/15:30終了
第二部 16:30開始/19:00終了

「TEMPORARY CONTEMPORARY」
東京都中央区月島1-14-7(旭倉庫2階)

参加は7月4日までの事前予約制となってますので、ご希望の方はコチラから申込ください。

日曜の夜にステキな雰囲気でイキな映画を肴に飲むクラフトビール。さぞかし美味しいことでしょう。

SLOW BEER CINEMA[SLOW BEER CLUB]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense