高性能アクションカムとして、世界中で熱い視線を集めるGoPro

その性能を最大限に引き出すガジェットが、Kickstarterでプロジェクトをスタートさせています。偶然にもタイミングを同じくして登場した2つのドローン。どちらも既に目標額を達成した、人気のプロジェクトです。



まず始めにご紹介するのはAirDog

4つの回転翼を持つこのドローンは、自動飛行でどこまでもユーザーを追いかけて来てくれます。

激しい雨や大波といった厳しい条件下でも、問題なく作動するAirDog。仕組みはシンプルで、ユーザーが装着したAirLeashから発せられたシグナルを追いかけるというもの。



AirDogはAirLeashとスマートフォン・アプリを使い、6つのフォロー・モードを設定できます。ユーザーの通った跡を追尾するモードや、一ヵ所に決めた場所を飛び続けるシンプルなモードのほか、距離や高さを詳細に設定することも可能なんだとか。

重量は1.4 kgで最大速度は約64km。10分から20分ほどの飛行時間だそう。

$995のアーリーバード枠はすでに埋まっており、現在は$1195から入手可能です。



次にご紹介するのはHEXO+

こちらは、AirDogより小型のドローンですが性能は充実しています。

空撮のポテンシャルに気づいた開発チームは、アクションスポーツ撮影、ドローンのデザイン、航空学分野のエキスパートを集め研究を進めました。

アプリで飛行位置を設定するのは同様で、直感的でわかりやすい操作性が特徴です。



設定を終えると、ユーザーが動き出すのをホバリングで待機。

重量は980 gで最大速度は70km。飛行時間は15分です。$599から入手可能。

アクションスポーツ以外にも、いろいろと活用できそうですね。

HEXO+の紹介動画では街中のサイクリングやウォーキングの様子を撮影していて、面白そうでした。興味がある方はぜひ。

AirDog: World’s First Auto-follow Drone for GoPro Camera [Kickstarter]
HEXO+: Your Autonomous Aerial Camera [Kickstarter]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking