様々な物がワイヤレスになって久しいですが、ほぼ毎日使っている物でワイヤレスに”なりきれていない”のがイヤホンです。

イヤホンとプレイヤー本体とは繋がなくても、イヤホンの左右の間にレシーバーがあったり、イヤホン同士を繋ぐケーブルがあるんです。

勿論この問題について考えた人はきっと沢山いたと思います。でもその問題をついに解決したのはこのイヤホン”Earin“が初めてでしょう。

Kickstarterで現在出資を募っている、世界最小のワイヤレスイヤホンと自ら名乗るそのサイズは片側重さ約5g、直径14mmと非常に軽量かつコンパクト。耳に入れてしまえば本当に耳栓にしか見えない程。



何も付けていない様にしか見えませんね。そのコンパクトな筐体の中に音を出す仕組みと左右のケーブル無しで左から右に音を伝える仕組み、またプレイヤーとBluetooth経由で通信する仕組み、そしてバッテリーと、すべて入っているから驚きです。

Bluetoothって音が悪い…と思っている方にも朗報の、高音質低遅延に定評のあるコーデック”apt-X”にも対応

また、音を出す機械、所謂ドライバーと呼ばれるものも比較的高価格帯のイヤホンに採用されることの多いBA(バランスドアーマチュア)型のものを利用しており、解像度の高い音が期待できます。

そんなワイヤレスで軽くて便利で音も良いって都合が良すぎる!と思ったら唯一の弱点がありました。バッテリーの連続駆動時間が2.5〜3時間程度とのこと。



でもご安心を。この円筒型のお洒落な専用ケース。これが充電器になっているんです。

朝電車で使って、ケースに入れておけば帰りにはフル充電でまた使う事ができます。因みにこのケースも25gと軽量です。

バッテリーとさえ上手く付き合えれば、あなたのモバイルオーディオライフに新たな一石を投じる大きなサポーターになること間違い無しです。

現在£119(約2万円)でプレオーダーを受け付けています。ただ購入予約という訳ではなく、量産体制をしっかりと取れればボーナスとしてもらえるというちょっと変わった出資方法。その点を理解できる方は是非出資してみては?

[Kickstarter]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense