イギリス、ビーチサイドの街・ボーンマスに現れた、高さ約8メートルのモンスターが話題です。

容姿はゴジラを彷彿とさせるものの、なぜか髪の毛、髭、まゆ毛が金髪……。そして、あれ?良く見てみると誰かに似ていないこともない。その人は……。



航空産業、音楽産業などで有名なヴァージングループの会長リチャード・ブランソン氏。リチャードさんは、国家へ貢献し、女王によって選ばれし者のみがもらえる称号“ナイト”を賜った、イギリスの超重要人物です。

その一方で、自社の広告塔、モンスターとしても活躍中。このモンスターは、ヴァージン・メディアが新しく提案するインターネット、デジタルテレビ、固定電話、携帯電話、包括プランのプロモーションです。



地元住民たちも驚きのリチャード・モンスター。なんと約500時間もかけてデザイン・制作され、その重量6トン!



このプロモーションの後、どこに行ってしまうのか気になるところです。

There’s a giant Richard Branson sea monster statue on Bournemouth beach[メトロUK]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense