酒米農家と酒蔵、それぞれ二代に渡って完成させた日本酒「オヤジナカセ」。

「子から親に贈る、親子で呑む、親子をつなぐきっかけになる酒」をテーマにした大吟醸です。



兵庫県の実家、酒米農家のため、東京で働く倅が何かできないかと模索。茨城県の酒蔵の倅と出会い、『父親の米100%で日本酒をつくる』プロジェクトは始まりました。

日本酒を作るには、両家族の連携が大切。酒米農家の親子が酒蔵親子の元へ挨拶に行き、酒蔵親子も酒米農家を訪ね、結婚のような挨拶を経て始まったのです。



酒米として最高峰の兵庫県産山田錦を、40%まで磨き上げた白米を使用。

こだわりのお米を使い丁寧に作られた大吟醸は、香り高いフルーティーな吟醸香と喉にスッっと入る軽やかな味わいに仕上げました。

特にキリッと冷やして、冷酒でいただくのがおすすめです。



親子で作ったお酒は、誕生日、退職祝、敬老の日など特別な日や、帰省の手土産など、親子や家族をつなぐ場面にぴったり。

『さまざまな場面で、たくさんのドラマを生むきっかけをつくるお酒になれば』という想いがが込められた一品です。

こちらの商品は、スタイルストアから購入いただけます。

[大吟醸オヤジナカセ つぐよ(ギフトボックス入り)]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense