ブルックリンではDIY精神が根付いています。

何でも自分たちで作ってみようという考えが、日常の至るところにあふれているとか。そして、それが評判となりビジネスに発展するケースも。

BrooklynのMorgan駅の横にある建物。一見、何だか分かりません。



前を通り過ぎてみると、甘ーい香りが。実はチョコレート工場だったんです。

元倉庫だったこの場所を、自分たちで改装して作ったチョコレート工場Fine&Raw。ガラス張りになっており、生産風景を見ることも可能です。




ほんの数人によって生産されてることも、この地域らしくて良いですね。



Cowgirl Collectionと名付けられたチョコレートが、ガラスケースに。全てオーガニックの材料から作られていて、店内では試食をすることも可能です。




カフェスペースも併設されており、ゆったりとコーヒーやココアを味わう時間は格別。

Fine&Rawに留まらず、センスの良いカフェやショップ、書店が並ぶブルックリン。夏休みに歩いてみると、いい刺激になりそうです。

Fine&Raw

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking