SHARE


スマホ登場以前からカメラ付き携帯が普及していた日本では一般的な”自撮り”。

Instagramといった写真共有サービスの人気も手伝い、Selfieは海外でもここ数年で一気に広がりました。そんな「Selfie」を新しく解釈した作品がこれらの写真。



撮影したのはInstagramで数多くのフォロワーを持つ人気フォトグラファー、デザイナーのDan Rubin。

彼はHTC One Miniを手にロンドンのカーナビーストリートに迎い、この “Phonies“というシリーズの作品を撮影しました。

街行く人にお願いして写真を撮らせてもらっているですが、どの写真もモデルの前にスマートフォンがあって、顔が見えません。画面にはジェームズ・フランコやキム・カーダシアン、ワン・ダイレクションのハリー・スタイルズといったselfieを好む有名人の写真。



すっかりselfieがファインアートのようですが、写真は私たちのアイデンティティの概念を揺さぶります。

一見して興味深いだけでなく、写真に内面を隠し人々の認識を裏切る力があることや、ソーシャルメディアの時代に写真を公開すること、などいろいろと考えさせられますね。


Traveling Images by Dan Rubin [tumblr]
Clever Photos Make Fun Of Celebrity Selfies [Beautiful/Decay]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense