SHARE


盛り上がりを見せるワールドカップブラジル大会。しかし、盛り上がっているのは人間だけではありません。犬の世界でも熱い火花を散らしているようです。

【大会国ブラジル代表、ブラジリアン・マスティフ】

ブラジル原産のガードドック、大会国らしく堂々とした出で立ちです




【われら日本代表、秋田犬】

国の天然記念物。かわいらしい顔立ちですが、体はマッチョ




【FIFAランキングNO1スペイン代表、スパニッシュ・グレイハウンド】

スペイン原産のサイトハウンド。運動量が多く、驚異的な持久力を持ちます




【インパクト大イギリス代表、ブルドック】

強面ですが、精細で頭を使った攻撃を得意とします




【ちっちゃなメキシコ代表、チワワ】

犬の中でももっとも小さな犬種。すばやい動きがウリです




2014年度ワールドカップ各国代表のユニホームを着るのは、その国を代表する犬たち。“ムチッ”とした胸板にキュンとなりませんか?

これらは動物専門の写真「Life on White」チームの作品です。

いよいよ始まったワールドカップ。秋田犬はもともと闘犬。その熱い血は、侍ブルーにも受け継がれているのではないでしょうか。

がんばれ、日本!

[DOG OF WORLD CUP BRAZIL 2014]
[Life on White]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense