列車とは、時に驚くべき経路を通って進みます。




今日では列車以外にも空路という選択肢がありますが、かつては地域内外にモノを運ぶ手段としての唯一の手段だったために、路線はとてつもない場所に建設されたものでした。




チリのこの壮大な列車ルートも、全世界で最も素晴らしい例のひとつです。「The Chanaral – Llanta Potrerillos Line」は、標高2850メートルの斜面を走る絶景ライン。




1916年にアンデスの銅鉱山会社によって、国家鉄道網に銅鉱山を接続することを目的に建設が開始され、1927年に接続されてから鉱山の生産が始まり、銅と消耗品を列車が運ぶようになったそうです。




路線は155kmもの長さがあり、現在では、浄化の目的のために使用される硫酸を他の採掘現場に供給するためにこの路線が使用されています。




息を飲むような山の斜面やトンネルを通り抜けて行きます。




こんな絶景を眺めながら旅行できたら楽しそう…というレベルを超えた、まさに壮大なルート。夏休みの旅行にいかがでしょうか。

Spectacular Train Route In Chile [via Well Done Stuff]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense