SHARE


ふわふわのひよこにちょこんと帽子をのせました。

Julie Personsさんが7歳の娘とこのプロジェクトChicks in Hatsをスタートさせたのは2011年のこと。娘がひよこに帽子をかぶせて、Julieさんが写真を撮影。

その写真はポストカードやアクセサリーになり、クラフト販売のWebサイトEtsyでアイテムを出しました。



「ニースには観光で来たんだ。南仏は料理も美味いし、気候も人も温かくて好きだよ」



「そこのキミ。身分証をみせてくれるかな。近頃この辺も物騒でね。」



「もうすぐ弟が帰ってくるの。きっとわたしがネコに見えてびっくりすると思うの。」



新婦「ねえ、あなた。」

新郎「なんだい?」

新婦「あなたと出会えてホントによかった。」

新郎「そっか。同じことを思ってたところだよ。」

Chinks in the hatの写真に勝手にセリフを当ててみました。帽子をかぶっただけで人間のようなストーリーができてしまうから不思議ですね。

実際にはこんな商品が売っています。


こちらは立てられるタイプのポストカード。ホッコリすること間違いなしです。



こちらは髪留めのアクセサリー。レジンで写真をコーティングしました。カバンにはさんでも合いそうですね。他にもペンダントトップやリングなど。

かぶりもののほとんどはヴィンテージのバービー人形の帽子か、ドールハウス用のミニチュア帽子をつくるアーティストから購入しているとか。

撮影時に一番苦労するのは、やっぱりひよこが言うことを聞かないこと。帽子をかぶせてもすぐ落ちたり、走りだしたり。何十ショットも撮影し、その中からベストショットを選んでアイテムにするそうです。

他にもたくさんの写真や商品があるので、ぜひChicks in hatsのページに。

Chicks in Hats[Etsy]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense