彼らの目的はひとつ。安全でおいしくキュートなマヨネーズで人々に幸せを届けること。

ニューヨークのブルックリン。2011年にSam MasonElizabeth Valleauが立ち上げたマヨネーズの専門店「Empire Mayonnaise」



左の男性がシェフのSam。右の女性がデザイナーのElizabeth。

遺伝子組み換えでない油や、ケージ・フリーで育てられたニワトリの卵黄など、安全かつ味にこだわった食材でマヨネーズを作っています。

もちろん、ラベルや店内のデザインもこだわりが。



こちらがベーシックなマヨネーズ。成分は遺伝子組み換えでないキャノーラ油、オリーブオイル、低温殺菌のケージフリー卵黄、酢、レモン油、食塩、天然の安定剤(キサンタンガム、グアーガムなど)。

瓶詰めラベルがとってもキュート。日本は瓶詰めのマヨネーズが珍しいので新鮮です。



つづいてフレーバー・マヨネーズ。オーガニックな生産方法で製作されたスモークベーコンを材料にベーコンの風味を加えたもの。

サラダやサンドイッチにバッチリの相性です。



こちらは、白トリュフのフレーバーマヨネーズ。

日本でも、少し前にトリュフ風味の塩が流行りましたが、これはマヨネーズ。もちろんおすすめはお肉。ステーキソースにおすすめです。

他にもガーリック、レッドチリ、ローズマリー、スモークパプリカなど様々なフレーバーのマヨネーズが作られています。

万能調味料のマヨネーズに、フレーバーとデザインという魔法をかけているのが、このEmpire Mayonnaise。こちらのストアは、現時点でベーコンとスモークパプリカのみ購入できます(日本への出荷に対応)。ご興味ある方はぜひ。

ああ、やっぱり白トリュフ風味が一番気になります。

Empire Mayonnaise

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense