モロッコの南西側にあり大西洋に面したリゾート地、エッサウィラ。

世界遺産にもなっている城壁に囲まれた旧市街「メディナ」は、青と白の建物が建ち並び古くからアーティストの集まる町として有名です。



ゆったりとした空気が流れる町でのんびりするのも最高ですが、ここには見逃せないイベントがあるんです!



音楽の祭典、グナワ フェスティバル(Gnaoua Music Festival)。99年から始まり、モロッコの伝統的な音楽「グナワミュージック」に、海外アーティストも加わり、世界中から音楽好きな人々が集まります。

フェスティバルの時にはどこの宿も満室になるそう。今年は6/12日〜15日の4日間、開催されます。

ところで、伝統音楽のグナワミュージックとは何ぞや?という事で、エッサウィラで楽器店を営み、ミュージシャンでもあるImadさんに聞いてみました。



もともとは宗教儀礼だったようです。3弦楽器の「ゲンブリ」と金属製のカスタネット「カルカバ」でリズムをとり、唄にのせます。


Imadさんが弾いているのがゲンブリ。下の写真中央にある銀色の物がカルカバ。

シンプルに繰り返される音に合わせて体をゆらせば、精神の治療ができるとされていたそうです。今では北アフリカのトランス音楽として人気があり、ジミヘンやツェッペリンも影響を受けたんですって。

モロッコは今、初夏で気候もいいですし、エッサウィラは海風が吹き抜ける気持ちの良い所です。Imadさんが働くTranse Musicも雰囲気がいいので、立ち寄って見て下さいね!

[Gnaoua Music Festival]

「Transe Music」は、メディナのDoukala門から入り、魚スークを右折し、次の通りの角辺りです。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking