伝統工芸と職人技のコラボ。

ジュエリーで有名なカルティエが、2014年のジュネーブサロンで発表した「バロン ブルー ドゥ カルティエ フローラルマルケトリ パロットウォッチ」です。



無数にちりばめられたダイヤに目を引くのですが、独特の存在感がある“オウム”の造形、なんとバラの花でできています。



花って枯れちゃうんじゃ…な心配はもちろんご無用。白バラを特殊な薬品に漬けて色あせないよう染色してます。“マルケトリ”と言われる伝統的な寄せ木細工の手法で丁寧に貼り付け。



そーっとオウムの目にはエメラルドが乗せられます。



昔から様々なジュエリーを作ってきたカルティエならではの作品ですね。もちろん機械式の腕時計で男性モデルの“パシャ”や“サントス”にも使われているムーブメントで動きます。

世界20本限定で、お値段は1170万円とか。眺めるだけでもため息が出てしまいますね。

Cartier Unveils Ballon Bleu de Cartier Floral-Marquetry Parrot Watch for SIHH 2014 [HAUTE TIME]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense