いつも大事に着てる洋服。ふと目を向けると、ヒジやいつも擦れるところが薄くなってる・・・! なんてこと、あると思います。しかもこういうことってどうしようもないときに限って気が付いたりするんですよね。

でもIngrida Kazėnaitėさんが考えた「Fabric Pen」なら、とっさの出来事にもシュッとひと吹きで対応できそう。



Fabric Penは、ナノテクノロジーで作られた霧状の布をスプレーするだけで洋服のダメージがある部分を補強できる、新しいアイテム。お裁縫グッズ、と言いたいところですが、縫うわけではないんです。




使い方も簡単。ダメージを受けた部分と同じ素材をスキャンして、あとは必要な場所にスプレーするだけ。これなら朝の忙しい時でも手軽に対処できそうですね。



ナノテクノロジーによって作られた生地は、熱や寒さ、汚れや雨、臭いにも強いんだとか。元の素材より機能面で勝ることもありそう。



ペン先のカートリッジを替えることで、生地は補充することができるのかな?

Fabric Penはまだコンセプトの段階。もしこんな便利なグッズが製品化されたら、みんなもっと物を大事にするようになって、地球にもいいことがたくさんありそうです。

The Stitch Pen[YANKO DESIGN]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking