SHARE


いつも使うわけじゃないけど、肝心な時に近くになかったり、壊れてたり。それが空気入れってもんです。でもLing Xuan Kongさんが考えたInflator Bicycleなら、思い立った時にすぐ空気を入れられそう。




使い方はご覧のとおり。ペダル付近から伸びているノズルをタイヤに接続して、サドルの部分を上下させることで、空気を入れることが出来ちゃうわけです。もちろん前輪と後輪のどちらにも空気が入れられるようになっています。




使わない時は自転車のフレームにマグネットか何かでひっつくようになっているようですね。ところで、空気を入れ終わったらサドルの高さはまた調節しなおさなくてはならないのでしょうか。

自転車にあまり乗らない人は、そこまで便利さを感じないかもしれません。でもサドルが上下することを応用して空気を入れるって、ありそうでなかったですよね。

ものすごテクノロジーというわけでもないから、もしかしたらもっと昔に誰かが思いついて、今はこれが「普通の自転車」だったかもしれないInflator Bicycle。

閃きを感じるこのコンセプトアイデア、なんか好きだな。

Cycle + Air Pump[YANKO DESIGN]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense