普段乗ってるお気に入りの自転車を、簡単に電動アシスト付き自転車に変身させられたらサイクリングがもっと楽しくなりそう。

しかもVelogicalのVelospeederなら、世界最軽量で超コンパクトな装置だからナチュラルに変身させることが出来るんです。




Velospeederの存在を知らなければ、私ならこれに電動アシストが付いているだなんて絶対に気づきません。というか上の写真でも分からないかも。




正面から見てやっと気付くくらいです。それでもおそらく「スピードメーターか何かかな?」と勘違いしてしまいます。




Velospeeder本体の重さは約1.6kg。ロードバイクなら10kg前後のものが多いようなので、合わせても12kg程度。これならアシストがオフになってしまってもそこまで負担を感じることはないはずです。これで約20kmの電動アシストをしてくれるというのは凄いなぁ。




そして何より嬉しいのが、自分の好きな自転車に取り付けられるところ。電動自転車ってあんまり格好いいのがなかったりしますもんね。

こちらはが動いている時の様子。



すでに4000kmのテスト走行が行われていて、現在はノイズの問題などの調整をしているとのこと。市場にお目見えするのはまもなくだそうです。

お値段など気になるところはありますが、発売がとても楽しみですね!

Velogical shrinks the rim drive to “world’s lightest” e-bike drive[gizmag]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense