カーネギーメロン大学とディズニーがテディベアを印刷する3Dプリンターを作りました。




従来の3Dプリンターだと、マテリアルが樹脂などを使用するので出来上がるテディベアがカチカチの固いもののイメージ。




でも、今回できあがった3Dプリンターは、毛糸とフェルトで制作するので子どもにも嬉しいふわふわの仕上がりなのです。




まだあまりなじみのない3Dプリンター。

将来は当たり前のように過程にも導入されるのかもしれませんが、これまでのプリント概念とは違う未来を感じますね。

テディベアの制作過程を可愛いイメージと音楽で紹介した動画も観ているだけで和みます。



[Disney Research invents 3D printer for teddy bears]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense