色々な形。様々な色。

さて、これはなーんだ。

答えは蝶や蛾の羽を顕微鏡レンズで撮影したもの。

フォトグラファーのLinden Gledhillさんの作品で、顕微鏡レンズとLEDフラッシュ、そして、マクロ撮影用のフォーカスレールを使用して撮影されたのだそうです。

それでは、いくつかご紹介しましょう。










普段はこんなに近くで見ることができない蝶や蛾の羽。

こんなにも様々な形で、こんなにも美しいとは。

LindenさんのFlickrでは、この「Butterfly Wings」シリーズだけではなく、様々な写真を見ることができます。

神様は生物を作る時、手抜きをせずに、こんなにも細やかに作ったんだな。

思わず、そんな風に思ってしまうほど、すべてが神秘的。

顕微鏡を通して見てみると、私たちが知らない、素晴らしい世界がもっとたくさん広がっているのかもしれない。

※すべての画像の著作権はフォトグラファーのLinden Gledhillさんに帰属します。画像使用の許諾を取り、掲載しておりますので、画像の無断使用は禁止とさせていただきます。

Linden Gledhill Photography

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense