小山和之

33


世界中様々なアイデアの名刺がありますが、こんなお洒落な名刺もあるんですね。

Appleのエンジニアが、同社の開発者向けイベントWWDCの際に首から提げていたのがこちらの名刺だそうです。

見ての通り、iPhoneのフロントガラスをそのまま名刺にしたもの。文字はレーザーで刻印されています。

残念ながら幾ら強靱なガラスでもガラスはガラス。持ち運ぶと割れてしまう危険性が高く、持ち運ぶのは難しいとのこと。また、レーザー刻印の難しさ故、量産してくばるにはお金がかかりすぎるそうです。

そういった理由から、普段はオフィスに訪れた人に見せて話のネタにすると言った使い方になるとのことですが、流石Apple。お洒落すぎるよこの名刺。

This badass business card is made from an iPhone screen [Cult of Mac]

編集者 | 建築の意匠設計、デザインコンサル会社の編集・PMを経て独立。専門はビジネス、デザイン。デザインビジネスマガジン”designing”編集長。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking