そのうち、マウスやトラックパッドはなくなっちゃったりして。

マイクロソフトが開発中の、キーボードとトラックパッドとゲームコントローラーが合体したようなジェスチャーキーボード「Type-Hover-Swipe keyboard」のプロトタイプが公開されましたよ。

まずはこちらの動画をご覧ください。



キーの間にちょっとだけ見えているセンサーが、キーボード上でのジェスチャーを読み取ることで、トラックパッドのような働きをしてくれます。





ゲームのコントローラーの代わりの機能も。Kinectみたいだけど、動画を見ている限りではまだまだコントロールの精度に伸びしろがあるように感じました。




スワイプやピンチはもちろん、センサーの精度はとても高く素早い動きにもしっかり追い付いてきてくれるとのこと。さらにユーザーのアルゴリズムも解析して「動きによる署名」にも対応するようですよ。これからはパスワードの入力も、アルファベットの英数字ではなく手の置き方や動きに変わっていくのかもしれません。

これまでは「小型」になることが意識されてきた色々なデバイス。これからは全てが1つに合体するような方向にいくのかな。

Prototype Microsoft keyboard recognizes hand gestures[gizmag]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense