SHARE

“You are what you wear. “

あなたは、普段どんなタイプの靴をよく履いていますか?

スニーカーだったり、革靴だったり、サンダルだったりするかと思います。

実は自分をよく表しているのは、服ではなく靴なのかもしれない。そんなことを思わせる広告を、スイスの広告会社のJung von Mattが作成しました。






靴には、写真のように、いろんな顔のものがあります。笑っているように見えるもの、キリッとしているようち見えるもの、アッと驚いているように見えるもの。どれもひとつひとつ個性があり、顔になっています。




自社の商品のプロモーションも兼ねながら、消費者に自分の持っている靴は自分の身の丈に合っているのか考えさせる、良い作品ですね。
服に目が行きがちで、靴は気にしない人もいるかと思いますが、この機会に自分が持っている靴を一度振り返ってみてはいかがでしょうか。

MAX SHOES | YOU ARE WHAT YOU WEAR [FEEL DESAIN]
[MAX SHOES]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense