SHARE


レゴといえば説明書に従って完成度の高い作品を作るほかに、想像の翼を広げて自由に創造するのもまた主な楽しみ方の1つ。

今回はそんなレゴを使って組み立てたレトロテクノロジー、懐かしの家電製品をご紹介。

トップバッターはブラウン管テレビのレゴ。最近しましまの砂嵐、見なくなったなぁ。



ファミコンのようなデザインですが、日本で見るものとは少し違う感じ。外国版なのかな?



コンピューター。今では驚くほど高性能で、コンパクトになりました。あの頃はタブレットが出るなんて思いもしませんでしたよ。



ポラロイドカメラ。写真共有サイト「Instagram」のアイコンの元になったとも言われています。



ダイヤル式電話。指を入れてジーコジーコとダイヤルするなんて、今の子供達は知らないんだろうなぁ。



初代Mac。こちらはキットとして販売され、一時期話題になりました。

今回はレトロテクノロジーを紹介しましたが、これらを公開しているレゴビルダーのChris McVeigh(クリス・マクヴェイ)さんはその他にも、マリオなどゲーム関連やホリデーイベントグッズなどのレゴ作品も公開しています。

嬉しい事にこちらに作品の組み立て方が書いてあるので、お気に入りのレトロ家電を見つけたら作ってみてはいかが?

LEGO BUILDING GUIDES[CHRIS MCVEIGH.COM]
RETRO TECHNOLOGY LEGO SETS[HiConsumption]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense