ドレもブラックで子供用とは思えないゲームばかりです。

1989年に始まったテレビシリーズで、2013年現在でもずっと続いているアニメ『ザ・シンプソンズ』。かつてワタシが住んできたカリフォルニアでは、毎日午後に再放送まで流され、観ない日はなかったという位、お茶の間に浸透しきっていました。

映画や文化のパロディーだけでなく、最新のトレンドをも取り込みながら続くこのアニメ。

その主役一家の一員で、超が付くほどのイタズラっ子、バート・シンプソンですが…カレはティーンエイジャーであるため、その辺の十代と同じくテレビゲームが大好きだったりします。

以下でご覧いただく動画には、これまで『ザ・シンプソンズ』の長い歴史で、番組上に登場したゲームが全て、ダイジェストで編集されています。チェックしてみましょう。




これはCollege Humor による、まとめ動画ですが…よく見つけてきましたねぇ。

1989年からこれまで、放映期間中っと年齢が変わらないバート…気付けばいつの間にか、カレがプレイしてきたテレビゲームは、7つもの世代が移り変わってしまったそうです。

長い歴史の中では、アーケード・ゲームもあれば、ジョイスティックで操作する家庭用コンソールもあり、そして携帯型ではゲームボーイにソックリなボウリング・ゲームなんかもあったんですね。

ゲームのジャンルも格闘ゲームあり、8bitシューティングあり、ドライビングやFPS、パソコンで遊ぶMMORPGなんかも出てきます。

そして、パロディーがお得意の『ザ・シンプソンズ』ですので、あからさまに『モータルコンバット』風あり、25セントコインを40枚投入しないとプレイできない『ウォーターワールド』などもあり、ブラックジョークとしては、聖書を攻撃するモノあり。

ハロウィーン・コスチュームでトリック・オア・トリート中の子供たちを轢き殺すものありました。

はたまたインターネットをする子供たちが、セクシーなサイトを観ているなんてネタも笑えますね。

『シリアル・キラー』なんてダジャレの効いたFPSもグーです。朝食に食べるシリアルのイメージ・キャラクターとしてお馴染み、キャプテン・クランチやトリックス・ラビットたちを撃ち殺していくなんて、とっても『ザ・シンプソンズ』しています。

きっとこれからまだ何年も続くであろう『ザ・シンプソンズ』…たとえばキネクト風ですとか、未来のゲームも出てくるかもしれませんネ。

Every Videogame from The Simpsons[College Humor via 岡本玄介 Kotaku JAPAN

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense