SHARE


石造りで重厚な雰囲気の建物。

こちらは、ネパールの北西、海抜3,000メートルのところにあるMustang地方のMustang Broadcasting Community (MBC)というラジオ局なのだそうです。

なぜ、石で作られているかというと、この地域に吹く強い風から守るためなのだとか。







ソウルの建築スタジオ「Archium 」の建築士 Kim In-cheurlさんが設計したもので、地元で採掘することができる片麻岩から作られています。そのため、周りの風景ともマッチしているんですね。





窓枠やドアなどには、木も使われており、スタジオ以外にも中庭やホールなども完備しています。

この土地に合わせて設計された建物。

新しいけれど、なんだか、遺跡のような荘厳さも兼ね備えていますね。

ラジオも聴いてみたいけど、できれば、実際に行ってみたい。

Archium gives rugged stone walls to a radio broadcasting station in Nepal [dezeen]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense