SHARE


決して現実ではあり得ないような様々なシーンが作られているSF映画の世界。





2010年に公開された「インセプション」には、街が起き上がる(折れ曲がる)シーンや、合わせ鏡で2本の支柱が延々と奥に続いているように見えるシーンなど、印象的なカットがたくさんありました。




そんな視覚効果を家具に反映させてしまった、アメリカはロードアイランド州のデザインスクール卒業生Vivian Chiuさんのキャビネット「Psych Cabinet」とチェア「Inception Chair」がなかなかSFXしちゃってます。




街が起き上がるようにして開くキャビネット。





そして、奥に延々に続くように、イリュージョンのように騙されそうなチェア。




実はこれ、同じデザインで大きさが異なる、座面の無い10脚の椅子を合体させているという手の込んだ仕様。一体化させないと座れないということですね。

どんな家具にも個性豊かなデザインが反映されるものです。映画に登場するワンシーンが、こんな風に家具になっちゃうなんて、デザイナーさんの発想力って凄いですね。

Inverted Cabinet + Reverse Drawers = Imploding Furniture, Inception Chair: Wonderful 10-in-1 Wooden Nesting Chairs [via dornob]
Psych Cabinet, Inception Chair [VIVIAN CHIU]
[Inception]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense