アスペルガー症候群って病気、みなさんはご存知ですか。

アスペルガー症候群とは

乳幼児期からみられる、広汎性発達障害のひとつ。言語や認知の発達に異常は認められないが、社会性が欠如し対人的なコミュニケーションがうまくとれず、特定の興味や動作・習慣、儀式などへの執着が特徴的にあらわれる。ある種の天才性は、この障害に関連するという指摘もある。

引用:映画『シンプル・シモン』オフィシャルサイトより

簡単にいうと、他人の気持ちをくみ取ってコミュニケーションがとれない症状のことです。そんなアスペルガー症候群の主人公、シモンが織り成すハートフル・ラブコメディが『シンプル・シモン』。

どんなストーリーかというと、

アスペルガー症候群のシモンが信頼できるのは兄のサムだけ。両親ともうまくやっていけないシモンはサムとその彼女フリーダと三人で生活することに。ところが、シモンのアスペルガー症候群にフリーダは耐え切れず家を出て行ってしまう。

傷心のあまりシモンにやさしく接することができないサム。シモンは平穏で緻密な生活を取り戻すためにサムの新しい恋人を探しに奔走するのだが…。


シモンは気に入らないことがあると、ふさぎ込むために宇宙ロケットに見立てたドラム缶に、逃げ込むくせがあります。


シモンが唯一心を許している兄サム。宇宙ロケット型ドラム缶に逃げ込んだシモンと交信できるのは兄のサムだけ。


兄サムに仕事場まで送ってもらうシモン。生活のスケジュールが事細かく決められていて、それを守れないとシモンはものすごくストレスを感じます。


シモンが探してきた、サムの新しい恋人の最有力候補イェニファー。なぜ選ばれたかというと、彼女はシモンのアスペルガー症候群が気にならないから。でもそれって…。

気になる方は予告トレーラーをどうぞ。

『シンプル・シモン』の見どころは3つ。

1. アスペルガー症候群によるシモンの行動
2. サントラがキュートなスウェーディッシュ・ポップ(コチラで試聴できます。)
3. 音楽だけでなくファッションやインテリアも全部北欧ライクなキュートなデザイン

分析心理学を生み出した、スイスの精神科医カール・グスタフ・ユング。彼の名言にこんな言葉があります。

「二つの人格が出会うことは、二つの物質が化学反応を起こすことに似ている。もしその反応が起これば、両者とも以前の人格ではなくなっている。」

ふつうなら両者が化学反応をおこすのでしょうが、シモン自身はアスペルガー症候群のためか反応がおきません。だから他人はシモンに戸惑うんです。

そんなシモン自身が化学反応を起こす時がやってきます。そのステキな瞬間を観てきっとココロがほっこりすると思います。

5月3日より渋谷ユーロスペースにて公開後、全国順次公開
©2010 Naive AB, Sonet Film AB, Scenkonst Vasternorrland AB, Dagsljus AB, Ljud &
Bildmedia AB, All Rights Reserved.
配給・宣伝:フリッカポイカ
シンプル・シモン

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking