SHARE


マルコが好きなもの。人形のアシュリー、ディスコダンス、ハッピーエンド、そしてチョコレートドーナツ——。

1979年カリフォルニア。シンガーを夢見ながらもショーダンサーで日銭を稼ぐルディ。ゲイであることを隠して生きる弁護士のポール。母親の愛情を受けずに育ったダウン症の少年・マルコ。世界の片隅で出会った3人は、いつしか幸せな家庭を築き始めていました。



全米の映画祭で観客賞を総なめにした『チョコレートドーナツ』は、母親に見捨てられたダウン症の少年と暮らすために闘ったゲイのカップルを描いた物語。70年代にニューヨーク・ブルックリンであった実話をもとに生まれた作品で、モデルとなった男性と同じアパートに住んでいたジョージ・アーサー・ブルームによってシナリオ化されました。



ルディとポールにより、まるで本当の子どものように大切に育てられたマルコ。でも、時は今よりもずっと同性愛者への差別や偏見が激しかった70年代。ルディとポールはゲイというだけで、マルコと引き離されてしまいます。



絶望にくれる2人は、差別と偏見で奪われたマルコを取り戻すため裁判に挑むことを決心します。血がつながっていなくても、法が許さなくても、見返りを求めず、ただ愛する人を守るために奮闘するルディとポールの力強い視線は、観る者の心に突き刺さります。



ルディ役を演じたのは、舞台「キャバレー」でトニー賞を受賞し、映画やテレビドラマでも活躍するアラン・カミング。劇中で彼がそのやるせなさを叫ぶように歌うボブ・ディランの名曲「I Shall Be Released」は圧巻の一言です。


『チョコレートドーナツ』
監督・脚本・製作:トラヴィス・ファイン
出演:アラン・カミング、ギャレット・ディラハント、アイザック・レイヴァ、フランシス・フィッシャー、ほか
4月19日(土)シネスイッチ銀座他全国順次ロードショー!
©2012 FAMLEEFILM, LLC
チョコレートドーナツ』 [ビターズ・エンド]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense