SHARE


新しい洋服を買ったときに、サイズや洗濯などの表示がついているタグ。

買ってきてすぐに、ハサミで切って捨ててしまうものですよね。

世界中では毎年360億もの洋服が作られ、たくさんの人々の手に渡っていきます。ということは、同じくタグも360億枚は作られ、洋服とともにみなさんの手元にやってきているはずです。

そして、もしかしたら、特に注目されることもなく、切られて捨てられているかもしれません。




そんなタグを有効活用しようというアイデアが「Hang Tag」




プロダクトデザイナーのDanghui Liさん、Yuexin Huangさん、Yao Zhangさん、Long Chenさんによるコンセプトデザインで、なんと、タグ自体が洗濯洗剤で作られていて、水に入れると溶けて無くなってしまうんです。

このように、タグを有効利用することができれば、紙の節約になり、ひいては、緑を、地球を守ることにもつながります。

買ってきた最初のお洗濯はタグをつけたままで、どうぞ。

Hang tag [Yanko Design]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense