SHARE


東京は日本橋にお店を構える和紙の専門店『日本橋 榛原』(にほんばし はいばら)

創業はなんと文化三年(1806年)と約200年も続く老舗中の老舗。粋を好む江戸の文化人に愛され、日本で初めて和紙を輸出した企業でもあります。

この榛原の木版摺り 色ふちレターセット。木版刷りと刷毛引きの手法で、職人の手仕事で和紙に色をのせている、とても温もりあるレターセットなんです。




全部で赤、青、橙、緑の四色展開。封筒に少しだけ単色の縁取りをしているだけのデザインなんですが、絶妙の色と風合いでとても素敵なレターセットに仕上がっています。




サイズは便せんが縦21.7cm、横15.3cm。封筒が縦9cm、横16.7センチ。便せんが6枚と封筒が3枚で1セットになっています。もちろん和紙でできていて、適した筆記用具はボールペン、筆、万年筆だそうです。特に万年筆は和紙特有のにじみを伴う書き心地を楽しめます。

若い人はチャット、メッセンジャーやメールが主要なコミュニケーションツールとなってますが、大切な人に想いを込めながら書く手書きの手紙。筆記用具だけでなく、もちろんレターセットにもこだわりたいですよね。購入はコチラのサイトからどうぞ。

木版摺 色ふちレターセット[日本橋はいばら]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense