SHARE


ネットショップが簡単に開設できるBASEの中で、異彩を放つブランド「Invisible ink.」のご紹介です。

部屋に癒やしと彩りを与える存在として重宝されるのが観葉植物ですが、「Invisible ink.」の植物たちはどこか他の観葉植物とは違った感じ… 癒されるどころか、ドキッとしてしまうセクシーさを感じてしまいます。



もはや芸術とも呼べるユニークな植物を世界中からセレクトし、茨城にある独自の工房で練り上げた本焼きの陶器鉢に仕立てられているこれらの植物。ショップでは、和名と共に鑑賞を楽しむコツが紹介されています。

たとえば上の真鍮色のような表皮は、古株になるにつれ黒になっていくそうで、和名を“黒鬼城”というそうです。名前もこれまたカッコイイですよね。

インスタグラムのアカウントでもさまざまな植物たちの一面を垣間みれます。その一部を以下にご紹介。



観葉植物の新しい楽しみ方を提案してくれるブランド「Invisible ink.」

4月からの新しい生活のお供にいかがですか? 新しいインスピレーションがもらえるかも。購入はこちらから。

Invisible ink.

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense