SHARE


先輩社員「去年の白書に出てた統計データ、プレゼンに使いたいんだけど持ってない?」

ボク「白書ならここにありますよ。メールで送りますね」

先輩が探してたデータをすぐにスキャンしてメールで送信できるボク、かっこ良くない?

ボクがすぐデータを用意できたのは、スキャナをいつも手元に置いているからなんだ。

どこにもスキャナが無いじゃんって? ボクのスキャナはコレなのさ。そう、このマウスにはスキャナが内蔵されているんだ。その名も「マウス型スキャナ」って言うんだよ。




読んでいる新聞や文書を、いつも使っているマウスで、ササッとすぐスキャンできちゃう。OCRにも対応しているから、読み取ったデータをテキスト化するのも簡単なんだ。




見た目はこんな感じ。マウスにスキャンボタンが付いているから余計な手間いらず。




この「マウス型スキャナ」はKING JIMから2014年4月25日に発売予定で、カラーは黒と白の2色展開。本体価格は8,000円(税別)だよ。

スキャナを置けない、小さなデスクにも良いかもね。

マウス型スキャナ MSC20[KING JIM]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense