地球のどこかで、見ることができる風景。でも、私たちの日常の中では、なかなか出会うことができない風景。

そんな空からの地球の日常を撮影した作品が、ニューヨーク在住のフォトグラファーのZack Secklerさんの「Aerial Abstracts」シリーズ。








大地には緑が茂り、水が満ちている。そしてシマウマが水辺を移動し、牛がたたずみ、動物たちが大地に足跡を残す。

まるで風になったような気分になれる写真の数々。

Zackさんはこちらのシリーズ以外にも色々な写真を撮っています。サイトFacebookInstagramには、ほかにもたくさんの写真が載っています。ふんわりした空気感が素敵です。

今、この瞬間もどこかで繰り広げられている風景を、ちょっとのぞいてみる。

いつか、実際にこの目で見てみたいという思いを胸に。

[Zack Seckler]

※画像の著作権は、フォトグラファーのZack Secklerさんに帰属します。この記事は、写真の使用許可をいただき掲載しています。無断使用は禁止とさせていただきます。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense