とってもローテクで、そのぶん環境に対してローインパクト。そしてハイセンスの移動式高床式住居「Rolling Huts」が、現代の遊牧民って感じでステキです。




モバイルハウスのコンセプトとしてTom Kundigさんが考えたのは、ガラス、スチール、合板、コルクなどの素材でとてもシンプルに作られた、車輪付きの箱型住宅。




高床式なので、大雪が降る地方でも埋もれることがありません。雪が溶けたらまた移動。まさに遊牧民生活ですね。




コルクで囲まれた室内には暖炉が備わっていて、なかなか暖かそう。大木の幹を輪切りにしたようなシンプルな車輪など、どこをとってもローテクなこのお家。実際にワシントンにあって、予約制で泊まれるようです。ここでのキャンプも楽しそうだね。

MOBILE HOME WITH WHEELS [ConcepTrends]
[Rolling Huts]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense