SHARE


これは究極のハッピーガジェットかも。

360度×360度のパノラマ写真が撮影できるボール型カメラPanono」の撮影会に行ってきました。

こちらが実際に撮影した写真。空も地面も全方位がこの一枚におさまっています。タブレットやスマホをご利用の場合、端末を上下左右に動かすだけで画像も連動して動きますよ。



案内してくれたのは、Panono社のMarioさん。

今回は、グリーンのプロトタイプ(左)で撮影が行われました。右側のものが製品化予定のデザインです。36個のカメラユニットを搭載108メガピクセルの写真を撮ることができます。



色はブラックとグリーンの2種類で、重さは300グラム。5〜6mの高さからコンクリートに落としても壊れることはないそう。水中に沈めることはできませんが、スプリンクラー程度の水なら問題ないとのことです。



ひざを使って、ボールが回転しないようまっすぐ上に投げるのがコツ。

空中にモノを投げると、一番高いところで止まる瞬間がありますよね。そこで「パシャッ」とシャッターが切られます。



充電用のminiUSBポートと、PCやスマホ接続用のUSBが付いています。Wi-FiやBluetoothでワイヤレス接続もできますよ。専用の無料アプリ(iOSAndroid)を使えば、端末上でプレビューを表示できます。

例えば、結婚式で使ったらこんな感じ。

Panonoには人を笑顔にするチカラがある気がします。

みんな一斉に上を見上げるって、なかなか日常ではないことですよね。そこに生まれる一体感がみんなを笑顔にするのかもしれません。

キャンプや野外フェスなんかで使ったら最高に楽しいだろうなぁ…!

今年の9月に発売予定で、お値段は599ドル(約6万7000円)。こちらからプレオーダーができます。※日本ではメールで注文日のお知らせを受けとる設定ができます(4月7日現在)

集合写真以外にも、旅先で出会った絶景スポットや、室内のレイアウトをおさめたり、使えるシーンは無限大。製品化が楽しみですね。

Panono

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense