イタリアはボローニャにある、超クールなBachelor Pad(独身男性のお部屋)。



何がクールなのかって、実はここ、もともとはマシンショップだったがらんどうの空間を改装して作られているのです。



建築家Sara BergamiさんとLuca Bertacchiさんによるデザイン。どんよりした古いマシンショップが、コンテンポラリーなロフトスタイル居住空間に生まれ変わっています。



ガレージスタイルの窓やドアを使い、コンクリートブロックを積み重ねて作られた壁がとても特徴的です。



大きな窓から入る外光でしっかり明るく、住み心地が良さそうですね。



大きな建物ですからね、どのスペースも広々していて快適そう。



元の建物の内装は見る影もありません。リノベーションというのはこんなにも幅広い。

今、日本には空き家があふれているそうですが、こんな斬新なリフォームから学べることもきっと多いはず。

MACHINE SHOP CONVERTED BACHELOR PAD IN ITALY [HI CONSUMPTION]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense