林 美由紀

林 美由紀


子どもにワクワクや楽しさ、悲しさ、教訓などを教えてくれる絵本。

大人になって読んでみると、また違った印象を受けることもあるかもしれません。夜眠る前に、雨降りの日に、もちろん晴れの日だって、絵本を読む時間はきっと貴重な時間となることでしょう。

というわけで、大人も子どもも楽しめる絵本の紹介をしていきたいと思います。第31回は、林明子作・絵 『おつきさまこんばんは』です。

1986年初版の絵本です。

ストーリーはこんな風。

三角屋根のおうちの近くに2匹のネコのシルエットが浮かぶある日の夜。
やがて屋根の上が明るくなってきて、おつきさまがぽっかりと顔を出します。

「おつきさま こんばんは」。

そのあと、おはなししようとやってきた雲に、ちょっとのあいだ隠されてしまうおつきさま。

でも、雲はすぐに去り、おつきさまは、にっこり笑ってくれるのでした。



紺色の夜の空に黄色いお月。色のコントラストが幻想的です。

林明子さんの絵はとてもやさしく、あたたかく、小さな子どもたちは、お月さまの表情に惹きつけられ、一緒に心配したり、笑ったりと色々な表情を見せてくれると思います。

このお話の主役はもちろんお月さまですが、ネコたちのちょっとした動きに注目するとさらに楽しめます。裏表紙もまで注目ですよ。

大人にとってはシンプルすぎるストーリーかもしれませんが、お月さまに会い、「こんばんは」と声をかけることができる日々の幸せ。そして、喜怒哀楽を感じ取る心が、シンプルな絵とストーリーの中に散りばめられています。

絵だけのベビーブックから、絵だけでなく、短いストーリーを楽しむことができる絵本。赤ちゃんのファーストブックにもピッタリです。アマゾンにて購入できます。

さあ、今宵はこんなお月さまが夜空に浮かんでくるでしょうか。

『おつきさまこんばんは』作・絵:林明子[福音館書店]

林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking