SHARE


鼻の穴は2個。コンセントの穴も2個。この偶然の一致から、鼻に…プラグを差してみたい。

そう思ったことは誰でも一度はあるのではないでしょうか。

その潜在的欲求を叶えた製品がここ日本にありました。それがこの鼻の形をしたL型タップ「HANAGA TAP



鼻の穴にプラグをさせる!

ただそれだけのものなんだけれど、そこにこの製品の価値があるんです。むしろそこ以外に価値を求めていません。この「HANAGA TAP」、コンセントに差すと2口、3口のコンセントの場合他の穴を塞いでしまいます。

さらに、L型タップとしても大きいので、狭いところでは使えません。つまりは実用性を求めてはいけないということ。



こんな不思議なものを作ったのはekoD works(エコードワークス)というクリエイティブブランド。

会社のありたい姿を”また、阿呆なものを作りましたね、と言ってもらえるものを作り続ける”と掲げている同社。

そんな会社だからこそ、作れた製品かもしれません。

HANAGA TAP [Village Vanguard]

Photographed by kazuyuki koyama

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense