クリスマスもお正月もお祝いする日本。嬉しいことはみんなでお祝いしたい。

そんなみなさま、今年は「イースター」もお祝いしてはいかがでしょう。

イースターとは、キリスト教におけるイエスの復活を祝う行事。毎年日にちは変わりますが、今年は4月20日です。

イースターの名物といえば、彩色や装飾を施されたゆで卵である「イースター・エッグ」。

欧米諸国では、庭や室内のあちこちに隠しておいたイースター・エッグを、子供たちが探しだすという習慣があります。

とっても簡単にできて、大人でも楽しめるイースター・エッグの作り方をご紹介します。

【用意するもの】

・卵 (ゆで卵をつくります)
・食紅
・ジップロックのような袋
・ホワイトビネガー

【作り方】

ゆで卵を作って、冷まします。

冷めたら、優しくスプーンの反対側などで殻を叩きます。ヒビを入れるだけなので、殻がむけてしまわないように気をつけてください。



ジップロックのような袋にヒビの入ったゆで卵と、卵全面をカバーできるぐらいの液体フードカラーを入れ、そのまま30分待つ。



水で、色のついた卵を軽く洗い流して、ホワイトビネガーを全体にかけます。

キッチンペーパーでふいたら、できあがり。



もちろん、食べられますよ。殻をむいたら、中はこんなにクールなゆで卵です。



こんな卵を作ってお友達を招いてみても楽しいですね。ちょっと恐竜の卵みたいで、子供たちにも大人気なこと間違いなしです。

How to make surprise marbled Easter egg [Narcissism is Necessary]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking