温かみのある家具って、見た目の問題だけではありませんでした。



多孔質で実際に温かく、ソフトな弾力で体を支えてくれる、全体がコルクから作られたDANIEL MICHALIK Furniture Designの椅子に包まれるように座ってみたい…。



ワインなどの栓として使われるコルクの工場から、廃材として処理されるコルクをリユースして制作。



天然のクッションとも呼ばれるコルク素材ですから、寒い冬でも剥き出しの家具が冷たくなることはありません。弾力性もあるのでゆらゆらリラックスできそう。



他にもコルクを使った様々なアイテムが作られています。

軽くて防湿性も高く、抗アレルギーなどたくさんのメリットがあるコルク。家の中のいろんなところで使ってみたいです。

[archiproducts – Daniel Michalik]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense