SHARE


吊るすタイプ、床に置くタイプ、大きなクリップ上で挟むタイプなど、今や色々なランプのカタチがありますね。

今回、ご紹介するのは、貼るタイプの照明です。

デザイナーのChris Kabelさんがデザインしたのがその名も「Sticky Lamp」。



通常、電球を購入したときに、電球だけを取り出して廃棄されるはずのプラスチックが、電球ケースに形を変えて、そのまま、天井、ドア、床、壁など、どこにでも貼ることができるようになっています。

模様替えと同じような感覚で、気軽に照明の位置を変えて楽しむことができますね。ちょっとここに明かりが欲しい、なんて時にはペタッと貼っちゃいましょう。

ああ、これは楽ちんだ。照明は貼る時代…そんな時代がこれから来るかもしれません。

Sticky lamp by Chris Kabel [droog]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense