お気に入りのタブレットケースが見つからない…なんてことはよくあること。もう探すのに疲れてしまったら、いっそ作ってみるのも良いかもしれません。

お金も探す時間も節約出来る、簡単なiPadケースの作り方をご紹介します。



【材料】

・厚手のフェルト ※5mm厚のフェルト製ランチョンマットが便利です。
・お気に入りの色の糸
・ハサミ
・ミシンなどの縫製用マシーン


【作り方】



1. ランチョンマットが手に入ればそれを半分に折る。

2. 生地から購入する場合は、すっぽりiPadが入るサイズの2倍の幅を用意し、半分に折る。

3. 長辺(折った部分と反対側)を一直線で縫い、短辺の1つも同じように縫う。

4. 図のように、入り口の部分に、iPadより少し長い位置に直線を引き、中心部に丸を描き、カットする。これで取り出しやすくなります。



5. サイドと底にヘラなどでまっすぐ線を引く。こうすることで、ケースが少し立体的になり収納しやすくなります。

6. 余分な縫いしろに線を引き、カットする。

7. これで完成!余分な布があれば、写真のようにハンドルとして縫い付けても持ち運びやすくなるのでおすすめです。



面倒でしたら取り出すための丸いカットはしなくてもいいかもしれません。

ピンキングはさみを使っても可愛く仕上げられそうです。作り方に慣れたらiPhoneケースも同じように作れそうです。

お気に入りの一品が出来あがるといいですね!


THE 10-MINUTE DIY FELT IPAD SLEEVE[Handmade Charlotte]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense